*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイの医療レベル
バンコクは
外国人の医療目的滞在も多い

東南アジアにはまともな病院が少なく
また、アラブからも多くの医療滞在者が多い

サミテベート病院、バンコクホスピタル、バムルンラード病院

3つの私立病院は
医療機器は良い物を取り揃えていて
日本人向けに
日本人スタッフを働いており
医療レベルが高く日本人にも人気です。
(お値段も高いですが・・・)

特にバムルンラード病院は
病院評価で
日本の病院を除くアジアでNo1の医療レベルとの第三者機関からの評価です。

日本にいるとありがたさを感じないのですが
日本の病院は比較的にレベルが高いみたいです。


国立病院はすべてではないですが
タイ人に人気が無い
日本ではあまり感じないが
病院の質、医者・スタッフの質、機器など
違いがありすぎるみたいだ

私のオススメは
トンローにある
カメリアン病院

タイ人から人気があり
キリスト教系の私立病院みたいで
値段は安め


テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

ラマ4のマンション
タイのマンション(アパートメント)は
巨大な所が多く
500室を超えるような物件も珍しくない

巨大な物件は敷地内に
プール、フィットネス、サウナ
ビリヤード場、美容室(床屋)、コンビニ、ランドリー屋
レストランなど施設が整っていたりする
また、ケーブルテレビか衛星放送を受信しており
NHKの日本語放送は見れる施設が多いでしょう

プール、フィットネス、サウナは無料で使えるケースがほとんどだ

ラマ4通りに

・ロンポーマンション
・ボスタワー

という

日本人ご用達の巨大なマンションが2つある。


30平米位のスタジオルームだと
10000バーツかからない位の価格で
駐在や現地採用より
どちらかというと、
(リタイヤ組に限らず)長期滞在者が多い

興味があって両方見に行ってみたのですが。
近くに
テスコロータス、カルフールといった
外資系の巨大スーパーがあり
40~50バーツで食べれる日本食屋さんがあるなど
環境はいいと思います。

ロンポーマンションは
MRTのシリキット駅に徒歩圏内(15分程度)

ボスタワーは
BTSのトンローまでバイクタクシーで10バーツ程度でいけます。

部屋をみた印象だと
ボスタワーの方が部屋は綺麗だと思いました。
しかし、ロンポーマンションは
ベランダ含め40平米と広く 天井も広いので開放感がある

ボスタワーのプールは狭いが綺麗で
雰囲気が良い。
ロンポーマンションのプールは20メートルと本格的だった

直接赴くと
Webサイトや日本語フリーペーパーに記載されている価格より
安い価格を提示される上に
家賃は6ヶ月以上の契約だとさらに
価格交渉に応じてくれました。
いずれも9000バーツ程度だったが、
こちらは家賃を値切るのもそう珍しいことではないので
価格交渉は必ずした方が良いでしょう。

電気代はユニット5バーツ程度
水道代もユニット18バーツ程度と
良心的

ホテルとかゲストハウスのように
家具付きの部屋を1日単位で貸してくれるので
ロングスティを考えている人は
ためしに泊まってみるのも良いかもしれない。

ロンポーマンション
ボスタワー

私は結構 暇なの
タイに住んでみたい方、興味がある方は
連絡ください。
多少のお礼をいただければ
物件の案内、契約に付き添います。


ロンポーは日本人向けのフリーペーパーの配布
翻訳サービスなどあり
ボスタワーは近くにテレビ局があるので
夜中でも比較的安全で近くに24時間営業のレストランがあったり
どちらか選ぶのは結構難しいですね
住むところを見つける その3 住居貸借編 
いい物件が見つかったら
以下の点を確認してから契約した方がよいです

・ユニットあたりの電気代
アパートメントで
1ユニット8とか9バーツ取るようだと良い大家ではないでしょう
エアコンを使えば電気代は
馬鹿にならなくなりますのでしっかり確認した方が良いと思います。
水道代はあまり気になるレベルではないかも
家賃に込みになっていたり、300バーツくらい固定で取るケースなど
様々です。

・雨季の冠水状況
バンコクの排水能力は
タイでダントツNO1です。
しかし、それでも日本に比べると
不十分ですしなによりスコール時の雨量は半端ではないです。
低い場所にある物件の場合
道路は冠水しますし
低層階は浸水します。

・ランドリーの状況
各部屋に洗濯機を置けないケースが多いと思います。
物件にコインランドリーが併設されているかを確認した方が良いと思います。

・整水器
タイでは水道のお水は飲めません
これがあった方がお金が節約でき、
お水を買いに行く手間も省けます。
物件になくても近くにあればOK

・夜の人通り
バンコクは日本に比べると
危ないところです。
夜中人通りが少ない場所では
危険に遭遇する可能性が高くなります。
特に女性の場合はソイの奥地はとかは止めといた方がいいかも

・契約期間
家賃の2か月分のデポジットが発生するケースがほとんどです。
外国人向けに短期で貸し出している物件もありますが
契約期間により家賃が変わってくる場合もあります。
契約期間で一般的なのは1年間です。
例えば最低6ヶ月の契約をしておき
4ヶ月で出る場合は
デポジットは戻ってきません。

・家具と内装
これはしっかりチェックした方が良いですね
タイ人や白人が好みの物件は
床がタイル張りです。
築年数が浅くても恐ろしく建物が劣化しているケースが
多いです。
また
滞在が1,2年の予定で
冷蔵庫とかテレビを買うのはもったいないからね
私が今住んでいる物件は
新築でフローリングです。
家具はフルでついています。
姿見、冷蔵庫、エアコン、電子レンジ、収納ケース、
ベット、ストール、机、イス、CS放送(NHKがみれる)
みんな新品でした。

他の物件を見に行った時なのですが
家具がベット、エアコン、テレビくらいしかありませんでした。
冷蔵庫はないの?
って聞くと
これはつけるよって感じで古い冷蔵庫を持ってきてくれましたが
そこは止めました
何件か回った所感ですが
中華系オーナーの物件の方が
家具が良いような感じがします。

テーマ : タイ
ジャンル : 旅行

住むところを見つける その2 住居貸借編
タイに住む場合の
住居を借りる方法を説明します

まず、
タイには元々
不動産屋で色々物件を確認してから
現物確認しにいくようなシステムはありません。

住みたい場所に直接行って
気に入った建物の受付で空きがあるか確認したり
Webサイトで情報を集めてから見に行くのが一般的です。

日本人駐在員向けに
日本人が経営しえいる不動産屋もありますが、
駐在員向けで
2万バーツ以下の物件は紹介しないとか条件があり
長期滞在者、現地採用者には利用しにくいです。

物件ですが
タイでは大きく分けて
・タウンハウス
・アパートメント
・コンドミニアム
の3種類があります。

タウンハウスは事業者向けなので説明を省いて

アパートメントとコンドミニアムの違いを説明します

・アパートメント
建物自体にオーナーがいて
住所も建物に一つだけです。
賃貸物件として貸しに出され入居者は大家に対して
家賃を払います
これらの物件は
マンションに分類されるような高級物件でも
タイでは分類上 アパートメントになります
電気代や水道代は大家により割り増し徴収されます

・コンドミニアム
分譲マンションのこと
住所は各部屋ごとにあります。
各部屋ごとにオーナーがいるので
同じ建物でも部屋により家賃が違います
電話代や水道代を
電力会社、水道局に直接払うので光熱費の節約ができます。

私のおススメは
コンドミニアムです
ただ、コンドミニアムの方が同じような物件の場合
多少割高かもしれません
しかし、
アパートメントの場合 1ユニットにつき6バーツ以上
(電力会社からの請求は1ユニット3バーツ程度)
取られるので
結果としてコンドミニアムの方が安くなるケースが多いです。

※ちなみに、日本の電気代は1ユニット(Kw) 21円(約7バーツ)位

テーマ : タイ
ジャンル : 旅行

住むところを見つける その1 住居購入編
タイで
仕事をする
もしくはリタイア後
長期で滞在したい場合
住む場所を確保する必要があります。
そこで
タイで住む場所を見つけるために必要な知識を伝授いたします。
今回はその1回目


1.住居を購入する場合

タイでは
外国人はコンドミニアム(分譲マンション)しか購入できません。
コンドミニアムの購入で気をつけなければならないのが
着工前の購入です。

建築中の建物(コンドミニアム、アパートなど)にも
一部完成した部屋があればどんどん入居させます。
資金が十分集まる前に着工するので
足りなくなった資金を補う為に入居させるのです。

着工前にコンドミニアムを購入すると
なんと!!
完成後に購入するよりも最低でも20%OFF
大体 30~40%OFFで買うことができるのです。

ただし
着工前の購入はリスクを伴います。
購入したのは良いけど十分な資金が集まらず
着工しないケースがあったり
着工したものの途中で資金が足りなくなり放置されるケースもあります。
私が住んでいるマンションの2軒となりにも
建築途中で放置されたコンドミニアムがあります。
この場合、購入資金を取り戻すのは難しいと思ってください。

こうして
建物が徐々に出来上がっていくにつれ
割引額が減り
価格が上がっていく仕組みなのです。

アラブの王族は
このリスクを知りながら
着工前のコンドミニアムを
1棟あたり5部屋程度ずつ
数十棟購入したりするそうです。
こうするとリスクが分散され
購入したうちのなん棟かが着工されなくても
数年で投資金額が回収できるという仕組みだそうです。

一般の日本人には
アラブの王族のような
真似はできませんので
リスクのない
出来上がった物件を購入することをおススメいたします。

バンコクの場合
100万バーツを切る中古物件結構あるみたいです。
投資目的だと
塩漬け期間に 人に貸すこともできます。

2004年に新築したとある物件(コンドミニアム)ですが
現在は当時の賃貸価格の倍になっていたりします。
おそらくこの物件
売りに出したとしても
買った当時より高く売れるでしょう。

タイではちょっと不動産投資が過熱気味なので
投資目的での購入は怖いですが
長期で住む場合
購入して、日本に帰るときに売って帰るほうが
得なケースもあると思います。

テーマ : タイ
ジャンル : 旅行

.
プロフィール
タイ在住 IT技術者
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
.
.
RSSリンクの表示
リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。