*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイで活躍する日本人
先日、タイで俳優業をされている
日本人にお会いしました

大瀬戸幸次さんというかたで
日系企業のcm やタイ映画
に出演されています

ギャラの話しもお伺いしたのですが
ここでは詳しく書けないのが
残念です

現在
日本の映画もタイでのロケが非常に
多く
こちらでは日本人役者の需要も
多いですが、
日本の映画はほとんどのキャスト
が日本在住の有名役者で決まっているので、ギャラは良くないそうです

不安定な役者だけでは
生活することはできないので、
大瀬戸さんみたいに
悠々自適に生活してみたいと
思いました

タイの役者さんのなかでは
有名で
社長役やアクションはもちろん
詐欺師などの悪役も厭わず引き受ける
そうです
AISのプリペイド携帯用サービス 1-2-call
日本の携帯電話も
契約している状態で
キャリアに持っていくと
SIMロックを解除してもらえるようになってから
ますます、
タイの現地プリペイド携帯用SIMカードを購入する人が
増えています。

私は
ヤフオクでSIMカードを出品してたりするので
需要がわかるのですが、
やはり
最大手の AISが一番人気があります。

しかし、
現地に住んでいる者から言えば
AISはそういいものではありません。

まず、
データ通信が遅くて、高いです。
データ通信品質でいえば
Dtac>AIS=True move
といった感じです。
(AIS900Mhzの3Gが遅いので、TOTの2Ghz回線を借りて
対応しようとしてます。Dtacは自社で2Ghzのサービスを始めるそうです)

また、
料金が高めなので
若い人は
Dtac,True moveの方が多いように感じます。

ウルルン滞在期のような
電気・水道もないような田舎に行かない限り
Dtacとは通話品質もかわりません。

AISは
データ通信のパッケージに対しても厳しいです。
Dtac、True Move は1日の上限金額に達すると
それ以上は定額になりますが、
AISは青天井で課金されてしまいます。

あまり詳しくない人は
迷わず、Dtacをおすすめします。

テーマ : タイ
ジャンル : 旅行

牛乳大好きタイ人
最近
タイ人に牛乳が流行っているらしい

あるある大辞典とか
みのもんたの番組みたいなものが
タイにもあるのだろうか?
健康・美容・記憶力など
すべてのものに効くとの教えみたいだ

日本では
小学校1年生から中学校3年生まで
公立学校では給食としてでるので
珍しくも何とも無い
私は小さな頃から大きくなりたいと思っていたので
中学生位までは家でもよく飲んでいたのだが
カルシウムが豊富に含まれる
健康にはよさそうだ位の印象でしかない

タイは暑いので牛乳が貴重なのだ
貴重なものは
効きそうだというのは日本も一緒なのかもしれない

タイのショッピングモールでは
北海道産の牛乳が
わずか200mlのビンに入っているものが
90バーツ 270円もする
一般層には辛いが
富裕層はこれを纏め買いしていくから驚く

テーマ : タイ
ジャンル : 旅行

カジノのホテルに安く泊まる
カンボジアのポイペト(poipet)に行って来ました。

ポイペトはタイとの国境の町で
近年、目覚しく開発されています。

また、ご存知の方もおられると思いますが
カジノが多く軒を連ねており
主に、タイ人富裕層が遊びに訪れています。

実は、
ポイペトのカジノホテルに在住されている日本人の方と
知合いになりました。

色々、興味深い話を聞けて
有意義な時間を過ごせました。

その方は、
カジノで30年近く生計をたてておられ
ブラックジャックのカウンティングという手法を使われております。
実際に
この方法を習得するにはそれなりに素養が必要で
時間も掛かります。
また、韓国・米国のカジノは全て出入り禁止になっているそうです。

カウンティングは短期で習得できないのですが、
ホテルに安く泊まる方法も教えてもらいました。

ポイペトのカジノは
何処でも、プロモーションチップというものがあります。
このプロモーションチップは
カジノで使うだけでそのまま換金できないのですが、
勝った時の払い戻しチップは換金できます。

1000バーツのプロモーションチップを購入すると
ブッフェレストランが無料
3000バーツだと駐車場の無料券
10000バーツだと
無料宿泊券がもらえたりします。

通常の宿泊費用が600バーツだとすると、
10000バーツのプロモーションチップを購入して
コミッションバカラのバンカーに100バーツずつ
プロモーションチップがなくなるまで
ベットし続けると
100-50.68=49.32
(10000÷100)÷(49.32÷100)=202.7回
つまりサービスチップが無くなるまで、203回プレイできる事になる。
203回のうち勝った回数は、
203-100=103回

残っている金額は、
(100-5)×103=9785

なので
計算上は およそ 215バーツで宿泊できることになる


数学が得意な人だと
おそらくカジノでは遊ばない

しかし、カジノで一番 負けにくいゲームは
5%コミッションを取られるバカラに
ずっとバンカー側に張り続けるのは
確率上は
負ける金額がすくなくなる

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

agodaで予約したホテルでのトラブル
タイは今
非常に好景気です。
恩恵にあやかりにくい業種もありますが
建設業界では”馬鹿でも稼げる”と
言われています。

また、観光業も引き続き好調です。
外国人入国者が年間2000万人を軽く超えており
日本の3倍にもなります。
いまや、東京よりバンコクの方が国際都市なのです。

しかし、
タイの人的資源は乏しいといわざる得ません。
ひとつの指標でしかないですが、
平均知能指数で言えば
近隣国より大幅におとり
日本の基準では
平均的タイ人は知恵遅れに相当します。

先日、
知人がサムイ島のホテルでオーバーブッキングに会いました。
オーバーブッキングの場合
通常は無料アップグレードですが、
他の劣ったホテルに回されたそうです。

それでも、他人ごとだと思っていましたが
12月31日に入国してきた両親が泊まったホテルで
今までに遭遇したことの無い程酷い対応にあいました。

38㎡と記載されていた部屋はどう見ても 20㎡相当
ホテルにクレームをいれても
38㎡と言い張ります。

agodaにクレームを入れましたが
年末年始で
しかも、クレームを入れる時間がタイ時間の午後6時前後ということもあり
日本人のオペレーターには出ていただけず
片言の中国人の対応でした。

agodaのオペレータなのですが、
中国人はいい加減な対応で
翌日以降に対応してもらった日本人のオペレータは
海外現地採用でゆとり教育の被害者でした。

結局、
クレームをエスカレートしてもらい、
西洋人の上司につないでもらったところ
こちらが状況を説明する前に
すばやく
full refound =全額返金
を申し出てくれました。

agodaでは
英語でクレームする人に対しては親切ですが
それ以外では非常に不誠実と聞いていたのですが
まさにその通りでした。

最初にクレームを入れてから
3日後、ホテルのスタッフが部屋を測りに来たところ
ベランダ・家具等を入れた
全ての敷地面積で25㎡(メジャーを使った簡易計測なので少し誇大)と
記載の38㎡を大きく下回っておりました。

ホテル(サービスアパート?)の対応も全てにおいて最悪でした。

agodaではキャンセル扱いになったので
レビューが出来ませんでしたので
こちらに記載させていただきます。

ちなみに、ホテルの名前は

grass suites tonglor

です。

テーマ : タイ
ジャンル : 旅行

.
プロフィール
タイ在住 IT技術者
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
.
.
RSSリンクの表示
リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。