*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外格安ドメイン
世界最大のレジストら
godaddyでは
.info
が1.99ドルで取得できます。
日本のレジストラより安いですね

$1.99 Domains* at GoDaddy.com
バンコクの人口 とカンボジア
バンコクの人口を調べると
wikipediaでは910万人だとか
他の資料を調べると600万人だとか
かなり開きがある。

最近
バンコク在住の日本人から聞いたところ
最近の正式な統計上は
670万人だが
住民票を移動していない人や出稼ぎ住民等が
常に200万人以上いるので実際は
900万人くらいではないかと言っていました。

バンコクに住んでいる日本人も在留登録している人だけで
3万人以上になるそうですが、
実際には10万人を軽く超えるらしいです。

欧米人も多いので
それらをあわせると1000万人を超えている可能性もあると思います。

正式な統計より300万人以上多く、
いい加減だなと感じるかもしれませんが
カンボジアはもっといい加減で

日本政府が把握している

プノンペンの人口は100万人程度ですが、

実際には400万人以上すんでいるのではないかといわれています。


タイの出生率は2.0を切っていて
シンガポールと同じくらいだそうで、
今後
8000万人程度まで増えた後
減少に転じると予測されているそうです。


これから
東南アジアに目をつけるなら
タイやベトナムではなく
カンボジアだと思います。

リスクはタイより格段に高い国ですが、
人口構成が綺麗なピラミッド型になっており
今後暫く人口は増え続けると予測されています。

メコン川、トンレサップ川という豊富な水源に恵まれ
水不足の心配がなく、
タイの田舎とは違い
肥沃な農業に適した土地が多いそうです。

アンコールワット遺跡群などのクメール文化の遺跡

シアヌークビルの綺麗なビーチなど
観光資源にも恵まれており

英語教育が盛んで
タイ人よりもカンボジア人の方が圧倒的に英語が得意なので
とっつきは良いかもしれません。
(ただ、カンボジア語の方がタイ語より難しいそうです)

ベトナムと比べると
電力事情も悪く、インターネットのスピードも遅いので
タイの3分の1程度の人件費の安さがまだ生かされていない状況ですが
ベトナムは社会主義国家でそれが原因で
成長が躓くようであれば
カンボジアがベトナムを追い越して成長する可能性はあると思います。

ハイリスクハイリターンですが
カンボジアに目を向けてみるのも良いかもしれません

テーマ : 海外ビジネス
ジャンル : 海外情報

餃子
フィリピン・タイ共に
華僑が多く住んでいる。

だから
タイ料理にもフィリピンの食事にも
中国料理やその影響を受けたものが
多々あります。

しかし
シュウマイ(点心)・肉まん
はあるのに
餃子がないのだ。

正確に言うと
一部の中華料理店では
メニューとしてあるし
タイでは最近コンビニでも売っている。

フィリピンで英語を教えてもらった
華僑の先生がシュウマイが大好物だったので
餃子は?とたずねたところ
その存在を知らなかったのだ!!

タイでは
OISHIグループの影響もあり
餃子は日本食として受け入れられている。

調べてみると
餃子は元々
中国華北の料理で
日本・韓国の他
ロシアなどのヨーロッパ
北アメリカ諸国まで伝わっているようだ。

元々、中国北部の食べ物だったので
中国南部出身者が多く入植した
東南アジアには広く伝わらなかったのだろうと
推測してみる。

詳しく知ってる人がいたらおしえてください。

テーマ : 海外ビジネス
ジャンル : 海外情報

カンボジアに安く行く方法
タイからカンボジアに
格安で行く方法として

カオサンの旅行代理店で格安の
ツアーに申し込むのも一つの手ですが

さらに安くて
快適で
所要時間が短くて済む
良いことづくしの方法があります。

それは
カジノバス
を使う方法です。

カジノバスとは
ポイペト(カンボジア側)というところにあるカジノ
に行くお客さんの為のバス
がでているのです。

国境の
アランヤプラテート(タイ側)まで連れて行ってくれます。
タイ人はカジノ目的であればノービザなのですが
日本人を含め外国人はカジノ目的でも
ビザが必要です。

カジノバスは
早朝から10時まで
毎日数便でているようです。

私は10時の便しか乗ったことないので
それより早い便の時間は分かりません。

場所はルンピニ公園とバンナーにあるビックCで
乗車できます。

ルンピニ公園の方が有名ですが
バンナーに行くまで40分位かかり
バンナーで20分も休憩してから行くので
私はバンナーで11時発の便に乗ります。

バンナーからは
2時間強でアランヤプラテートに到着

カオサン発は
バンコクをほぼ全土を端から端まで通り抜けるので
その時間がかかり
しかもミニバスなので疲れますが
カジノバスはトイレつきの大型バスで
混んでいたことが今までなかったので
楽チンです。
しかも行きは200バーツ
(なぜか帰りは100バーツ)

ポイペトからアンコールワットがある
シュリムアップまではタクシーを使えばOKです。

ポイペトへの入国は
経験者がいないとぼられるので
気が向いたら、カンボジアの入国の仕方を書きます。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

旧仏領インドシナ3国
タイに滞在するようになってから
近隣諸国に行く機会が何度かあった

その中で旧仏領インドシナ3国の
ラオスは2回、カンボジアは4回、ベトナムには1回
いずれも4,5泊の日程で滞在しました。

短期の滞在なので
誤解している可能性を承知で書きますが、

カンボジアでは比較的、英語が良く通じるように思います。
ラオスはカンボジア程ではないですが、
簡単な会話なら理解してくれる人がそこそこいます。

テレビなどのメディアで勤勉であると
信じていた
ベトナム人が一番、苦手で
タイ人以下の英語能力だと感じました。

カンボジア人は
計算も速いように思います。
タイとの国境近くポイペトでは
ドル、バーツ、リエルの3つの通貨が流通するですが
3つの通貨を合わせて支払ったりしても
一瞬に間違いなく計算したりします。

一方、タイ人は計算が苦手で
よく間違います。
悪気がある人場合もあるかもしれませんが、
近所の食堂ではおつりを多く間違えたりもするので
根本的に不得意なのだと思います。

カンボジアでもラオスでも
ベトナム人を多く見かけます。
歴史的に
カンボジアはベトナムと対立した期間が長いので
お互い嫌いあっているのかと思っていましたが、
カンボジアで
地元の人と話をすると
ベトナム・カンボジア・ラオスは兄弟だと主張します。
ラオスに行っても
ラオス人は
言葉が通じるタイとは(ラオス語とタイ語はかなり似ているらしい)
親しい関係ではないが、ベトナム・カンボジアとは
兄弟と言うのには驚きます。

ラオスのビアバーで
ビールを飲んでいる時、
するめ売りの行商おばさんがやってきました。
つまみにするめを買おうと注文したところ
タイ語で話しても英語で話しても通じない。
往生してた時に
店の店主が英語で
「この人はベトナム人だから」
といってベトナム語を英語に通訳してくれました。
ラオス人でベトナム語を分かる人も結構いるみたいですね。

ビエンチャンのメコン川に近い場所
付近はかなり近代化されてきれいな町になりました。
メコン川沿いの屋台街は
今、工事中で工事が終わるとキレイに整備されると思います。

兄弟と呼び合う
3カ国
これから発展していけるのか
気になります。


自宅で手軽に英会話/無料体験実施中

テーマ : ベトナム生活
ジャンル : 海外情報

.
プロフィール
タイ在住 IT技術者
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
.
.
RSSリンクの表示
リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。