*All archives* |  *Admin*

2012/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最低賃金300バーツ実施決定
来年からタイの最低賃金日額300バーツが実施されることが
決定しました。
日系大企業は労働者にも元々日額に換算すると300バーツ以上
支払っているケースが多いらしいのでそれほど問題はないでしょう。
これにより、元々最低賃金が低かったインフラが整ってない
地域では企業の進出が見込めなくなるのではないかと思います。

タイでは
伝統的に失業率が低いので
中国リスクで新たにタイに進出しても
労働者の確保は難しいと思いますが、
それより
ホワイトカラーの確保はさらに難しいそうです。

大学進学率がそれほど高くなく
私立大学の歴史が浅いので
ただでさえ、使える大卒者の数は少ないところに
日系企業が押し寄せています。

タイでは、現在新規の工場用地取得も難しくなっており
工場用地の転売で儲けている人もいる状況

名のある大学でそれなりに良い成績を収めている
学生はすでにインターンで大企業に抑えられています。

中小企業は優秀なホワイトカラーを確保するのに
新卒で3万バーツ(約8万1千円)でもなかなか人材が見つからないといった話も
良く聞きます。

トヨタのような大企業とその関連企業がタイに進出するのと
町工場が進出するのでは
その勝手が違ってきます。
中小企業では
まず、用地取得で躓き
人材確保に苦労します。
悪徳仲介屋・コンサルタントに騙されたり
賄賂をせびられたり
する可能性さえもあります。

私が知っている話の中の一例ですが、
用地取得は出来たものの
その工場地帯は台湾系のゼネコンが
サイトの建設を独占しており
建設費で法外な料金を要求されるケースがあります。
電話を引くのに数百万円とか

既にタイでも作れる・作っているような製品を作る工場の場合は
タイで販売を販売をしないことを条件に
BOI(タイ投資委員会)より進出を許可されると思いますが、
この制度もいつまで存続するか分かりません。

中小企業の場合
国内生産が苦しくて
タイに活路を見出そうとしても
それは
思っているほど簡単ではないでしょう


テーマ : タイ
ジャンル : 旅行

.
プロフィール
タイ在住 IT技術者
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
.
.
RSSリンクの表示
リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。