*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
備忘録 star suite  lyrics
今回は全くタイに関係ないです。
私の単なる備忘録になります。


star suite


mondo grosso



Home
Swimming in the warm haven as dark as the blakest raven
She knows it is time to leave
A hand,a light leads her
Cold and bold air
hits her skin as the line she shares
with her mother is cut
and she is breaking is cut
and she is brething on her own
but
not alone

Today turns quickly
to tomorrow,then a week,
a month,a year then 5 speeds by
how time flies
until memory
lets her see
slowly

the other children's faces
the secret hiding places
in the woods past the backyard
The old statues that would guard
the small stream which gleemed
in the rays of the sun as she daydreamed
of what the world was like

And every night
she looked up to the lights
protecting,sparkling their magic upon her
So many Stars,Mars and Jupiter
with their promises of the future

A shooting star falls through the darkness
She wishes upon the neked bareness
of youth and innocence
looking only forward to what would come next


Surrounded by ghosts of the past
with traditions and a culture taht last
through centuries her ancestors cast
She wants only to grow up fast
and be a part of the mass

Glossy magazines enticing
with images new and exciting
she sees the old as stale and boring
Starving for the new and unknown
blown away by visual spices
she realizes
it is time
to embark on her own
this time
alone




First night and feeling giddy
a stranger in the city
and she smiles like a child
to the familiar sky:
"Star light,star blight
I wish upon a star tonight
I wish I may,I wish I might
See you somewhere our tonight....."

Where did they go?
The stars shudder,swallowed
by deafending neon lights
drowning and pounding
her senses
as she tenses
her body has never known
She thought she was grown
ready to deal
steady to feel the new grownd
but instead her head spins around
with people walking big and talkin'loud
saying nothin',goin' nowhere fast
This was not what she asked
for

Confused by moving lips and legs and lights
that blind her mind
she escapes
and hopes to wake
to a better dream


she can't see


eyes open
Neighbors drunken
Empty slogans
Spirits fallen
Sadness woken
Innocence stolen
Hearts broken
Hope forsaken
Life's tokens
Dreams slacken
Rules once golden
now forgotten

and
she can't see

into the mirror
without a furor
over her changing reflection
the soul's contradiction
with dimming light behind her eyes
as dark as the midnight skies

but she sees

Dem city girls
with iron curls
and scope of views narrow
emotions and perspectives so shallow
only an echo of conscience in the space that's hollow
that's ignored
as they pour
over catalogues and like rogues roam
from shop to shop
til they drop
and cops listening to hip hop
trying to put their finger
on their blunders
and the pulse of the street
too scared of the heart of the beat
to get the deep gutteral sounds of
hunger and anger
to really understand
the language of the rhythm
but instead they keep their hand
on the trigger of cynicism

she sees
too much
and not enough
of what she wants
to see



Sound of thunder
from the other side of the river
and a rush of wind
sends leaves with wings
to scatter
and people run for cover
as though the rainwater
will melt their ruffed feathers

Aimlessly she meanders
talikng shelter
from the rain that pours
into a high and store
which at first she ignores
before
she recognizes
the shapes,colors and sizes
of stones
from her own homeland
she crouches to read the caption written by hand
"healing Rock"
and stands in shock
at seeing the price tag
20 times higher than her leather bag

She looks around
and realizes she is surreounded
by pieces of her childhood
from funiture to books
she'd taken for grandted
now commercialized and tainted
A ceremonial shawl
much like her mother wore
makes her heart sore
to see it is no more
but remade to be a bedspread
She shakes her head
then her eyes rest
on a photograph perched on top of wooden chest
"Sacred Skies"it read
of the stars she'd known shining
from east to west

For the first time she sees
and leaves
She found what she'd missed
and kissed
her life in the city
goodbye


Home It seems she laft so long ago
Stepping out to taste the night
alone
she sighs
in sadness at the lack of insight
that everything she needed was right
there

Trying to shed old skin
while the new one is too thin
racing towards on unforeseen future
blindly rejecting the old culture
With foundations like quicksand
trying to find some ground to stand

With nowhere to turn tu but up
she searches the sky until her eyes stop
on one star no bigger than a drop
amongst the millions there's no difference
but she senses
her soul reflected
and her spirit so long deflected
begins to fill with the light she had waited
for. The gate
opens to flood her emotions and saturate
the star she thought had faded

(chorus)
There's a place next to the fire
Look up
Feel the Sun shining on your
spirits as you pray
And the stars that guide you into the
higher ground and state of mind
one day
falls from the sky
waiting for the dreams that you and I
have all been wishing
when you need that
fire

-------------------------------------------------------------------------------
ふるさと
烏のように真っ黒な闇に包まれた
あたたかな安息の海の中で泳ぎ
彼女は世界に出て行く時が来たことを知る
手が、光が、彼女を導き出す
みどりの肌が冷たく手ごわいこの世の空気に触れ
彼女と母親を繋いでいた絆が切られる
そして彼女は初めて自分ひとりで息をする
でも
決してひとりではない

あっという間に
今日は明日になり
すぐにも一週間が過ぎ
やがてひと月、一年、五年と
時間がどんどん過ぎていく
まさに光陰矢のごとし
すぐにも彼女は
ゆっくりと浸れる思い出を
たっぷりと抱え込んでいる

ほかの子供たちの顔
裏庭を抜けた森の中にある
秘密の隠れ場所
自分を守ってくれた古い彫像
太陽の光を受けてきらきらと輝く
小川のせせらぎ
それらは自分が過ごした世界はどんなだったかと
彼女が白昼夢に耽る時に蘇る風景

毎晩
彼女は光を求めて星空を見上げた
自分を守り、魔法を叶えてくれる光
無数の星、火星、木星
輝く未来を約束してくれた

闇の中を流れ落ちる星
若くて汚れを知らない無防備な心に
彼女は願いをかける
次にどんなことが起こるのか
そのことだけに胸をときめかしながら


彼女の先祖達が築き上げ
何世紀にもわたって受け継がれる伝統と文化を携えた
過去の亡霊たちに取り囲まれ
彼女が願うことはただひとつ
はやく大人になって
みんなの仲間入りをしたいということだけ

新鮮で刺激的なイメージを満載した
つるつるの紙のファッション雑誌が誘惑の手を差し伸べる
古いものはつまらなくて退屈と彼女はみなすようになり
新しくて未知のものだけを激しく追い求め
見た目が派手なものに心を動かされ
瞳の中に飛び込んでくるスターたちに目も眩み
彼女は悟る
今こそ
ひとり旅立つ時だと
今度は
たったひとりだけで


到着して最初の夜 めまいを覚える
都会のよそ者
どこへ行っても同じ空に
彼女は微笑みかける
「星の光よ、輝く星よ
今夜私は星に願いをかける
できることならば、願わくば
今宵どこかであなたと出会えますように・・・・・」

いったいどこに姿を隠してしまったのかしら?
けばけばしいネオンの光に
星たちはすくみあがり、呑み込まれてしまった
その光は彼女にも激しく襲いかかり
正気を失わさせる
彼女は緊張し
思わず防御体制をとってしまう
彼女のからだがそんなふうになるのは初めてのこと
自分はすでに一人前の大人で
すぐにも勝負に出れるし
新しい大地をその足でしっかり踏みしめられると
彼女は思っていた
ところがその彼女ときたら
目をまわしている
声高に話しながら偉そうに歩き回る人達を前にして
彼らはくだらないことしかしゃべっていないし
どこか急いで行くあてがあるわけでもない
こんな世界は
彼女が求めていたものではなかった

のべつまくなし動き続け
彼女の心を麻痺させてしまう
口や脚や光の猛攻撃に
面くらい
思わず彼女は逃げ出す
そして今度はもっと素敵な夢に出会えるようにと願う

彼女は 見え ない

見開かれた目
酔いどれた隣人
中身のないスローガン
消沈する意気
わき起こる悲しみ
奪われた純粋さ
引き裂かれた心
見捨てられた希望
人生の切れ端
力をなくした夢
かつては重んじられたものの
今となっては忘れ去られてしまっている行動規範

そして
彼女は 見え ない

鏡を見つめる
熱狂的になることもなく
変わり行く自分の姿に
魂は反撃に出ようとしている
真夜中の空のように暗い
瞳の向こうには仄かな光

でも 彼女は 見る

都会の娘たち
髪をカールさせ
その視野はあまりに狭く
情緒もものの見方も薄っぺらで
からっぽで何もない場所では
良心の叫びはうつろにこだまするだけで
それすらまったく無視される
次から次へとカタログを見せつけられ
群れからはぐれてたちが悪くなった動物のように
店から店へと忙しく駆け回っていては
そして最後には落伍者になってしまう
そしてお巡りたちはヒップホップに耳を傾けながら
自分たちのへまを見つけ出そうとしている
そして街の鼓動は
ビートの激しさに恐れをなすあまり
低くしわがれた声で伝えられる
飢えや怒りの叫びが聞こえなくなってしまっているし
リズムに込められたメッセージが
理解できなくなってしまっている
その代わりシニシズムの引き金に
手をかけ続けている

彼女は
あまりにもいろんなことを
見すぎている
しかし自分が見たいと思うものは
まだまだ見れていない



川の向こう岸で
雷鳴が轟く
一陣の風が吹いて
撒き散らされる木の葉は
まるで羽が生えているかのよう
雨に打たれると
畳み込んだ自分たちの羽毛が溶けてしまうとでもいうように
みんなは雨宿りできる場所を探して逃げまどう

土砂降りの雨から
非難する場所を探して
彼女はあてもなく駆け回る
飛び込んだのは高級な店
最初は心動かされることもないが
やがて彼女は陳列されている石の
かたちや色や大きさに目が行く
それは彼女の母国のものだ
思わず屈み込んで手書きの説明文に目をやる
そこには「癒しの岩」と書かれている
そして値札を見て唖然とする
それは彼女のレザーバッグの20倍の値段だ

店内を見回し
彼女は自分が子供時代に慣れ親しんでいたものに
囲まれていることに気づく
家具から本まで
そこにあるのがあたりまえと
彼女が何とも思っていなかったものばかり
それらがここでは商品化されて、汚されている
彼女の母親がつけていたものとそっくりの
儀式用のショールを見て
彼女の心はひどく痛む
それはここでは少し手を加えられ
ただのベッドカバーになってしまっている
首を振る彼女の目にとまるのは
木製の箪笥の上にちょこんと置かれた一枚の写真
「聖なる空」と説明書きがついている
東から西へと
その空に輝き渡る星のことなら
彼女は熟知している

初めて彼女は悟る
そして立ち去る
自分が何を見失っていたのか気づいたのだ
そして彼女は都会の生活に
キスをして別れを告げた


ふるさと
離れてから随分久しく思える
夜の息吹に触れようと
たったひとり足を踏み出し
彼女は深くため息をつく
自分が求めていたものは
すべてふるさとにあったのだということに
今まで見抜けなかったことに
悲しさを覚えながら

脱皮しようと懸命になるあまり
新しい皮がまだちゃんとできていないことにも気づかず
予見できなかった未来に向かってまっしぐら
何もわからず古い文化を拒絶して
流砂のように危うい世界をよりどころにしながら
自分がひとり立ちできる場所を見つけ出そうとしていた

向きを変えるにも、あとはもう上を見上げるしかなく
空を見渡し、彼女の目がとらえるのは
ドロップほどの大きさのひとつの星
夜空の無数の星の中でも
何の変哲もないものだが
彼女ははっきりとわかる
その星に自分の魂が映し出されていると
そしてずっとしぼみっぱなしだった彼女の気力は
待ちわびていた光を受けて大きく膨らみ始める
彼女の感情をおしとどめていた門が開き
とっくに消えてしまったと彼女が思っていた星に
情熱が注ぎ込んでいく

(コーラス)
炎に限りなく近い場所
見上げてごらん
祈りを捧げるあなたの心に降り注ぐ
太陽の光を感じるのよ
そして星たちはあなたをよりすばらしい世界へと導き
より気分を高めてくれる
いつの日か
空から流れ落ちる
あなたとわたしがずっと願い続けていた夢を
待ち受けながら
あなたがあの炎なしでは
いられなくなる時

--------------------------------------------------------
■STAR SUITE/MONDO GROSSO feat.MONDAY MICHIRU(2000 SONY)
(Lyric By Manday Michiru)
Secret
(非公開コメント受付中)

.
プロフィール
タイ在住 IT技術者
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
.
.
RSSリンクの表示
リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。